So-net無料ブログ作成

射手座満月のオラクル占い [満月のオラクル占い]

本日7月9日は、山羊座の満月。
現在の夜空には、黄金色のオーラに包まれた優しく神々しい満月が夜空に輝いています。

山羊座の満月は、ストイックで頑張りすぎな自分を手放す日。

意地を張ったり、迷惑をかけるから・・・と他人のサポートを拒んでいませんか?
どんなに頑張っても人間は独りでは生きていけません。
あなたが頑張っている人であればあるほど、手はいくらでも差し伸べられます。
受け入れること、シェアすることは「あなたの人間性」に呼ばれた縁を結ぶ、誇るべきことなのです!

今宵の満月は、エネルギッシュな天体配置となっていているので、あなたの中のパワフルな決意を応援してくれそうです。

もし心が疲れたら、7月の香り「カモミール」が、あなたを優しく癒してくれますよ。


それでは、阿部さんの満月占いです^-^

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


7月の満月の日。

この季節になると、この世のモノでは無い奇妙な現象を耳にする機会が更に増す気がしませんか?

そんな時期にピッタリなオラクルカードがあります。
IMG_1214.JPG

『日本の妖怪カード』は民俗学の権威である小松和彦先生と飯倉義之先生両者の監修の元に作られたものです。
40の妖怪達の物語により現代の私達が忘れてしまいがちな“大切な何か”を思い出させてくれるものとなっております。
イラストは大変繊細なタッチで色使いもとっても素敵です。

その中から引かれたカードはこちら
IMG_1213.JPG

『いそがし』

カードの解説書には…

「忙しい」と、口に出す事で安心している人は、妖怪『いそがし』に取り憑かれているのかもしれません。
一度バタバタ走り回る足を止め自分に問いかけてみませんか?
現代を生きる私達のほとんど間違い無く『いそがし』に取り憑かれています。
というような事が書かれています……。


皆さん、妖怪はいると思いますか…?


妖怪とはそもそも“現象”の事を示します。
どのような現象かと言うと、
神秘的な、奇妙な、薄気味悪い・・・
というようなもので姿形は無いわけですが、そのような現象を合理化させる目的で絵師が『絵』にして姿を与えました。
科学が発展していない頃、雨が降らない 疫病が広まるなど、不可解な現象全ては妖怪の仕業とされていました。

そして日本人は、悪い現象である妖怪を独特な方法で沈めてきました。
おもてなしをして、あの世に帰ってもらったり、神として祀ったり、色々な方法をとって鎮めてきました。
学問の神として祀られている菅原道真も、神として祀られる前は人に取り憑いたり、不可解な現象を起こしたとされています。

退治するのではなく、祀り、鎮めるなんて、色々なものを受け入れることができる多神教、日本ならではの考え方ですよね。
個人的にもこのような考え方は大好きです。

今回のカードの 妖怪『いそがし』が、調和のとれた状態を目指すための指針として私達にメッセージを送ってくれているようです。

今日はノンビリした時間を設けてみることにしませんか?
ノンビリとした時間の中で、何かしらのおもてなしをプラスする事で、妖怪『いそがし』は満足してあちらの世界に帰ってくれるかもしれません。

憑き物が落ちる瞬間が訪れるかもしれません。



素敵な満月の夜をお過ごしください。


by ABE

共通テーマ:健康