So-net無料ブログ作成

射手座満月のオラクル占い [満月のオラクル占い]

本日6月9日は、射手座の満月。
夕方の空模様は雷雨となり、夏の訪れに思いを馳せる日となりました。

射手座の満月は、自由奔放な言動を見直す日です。

周りのことを考えずに、勝手気ままな言動をしていませんか?
自由は責任の元に成り立つのです。自分をきちんと生きるという責任・・・
他人の話に耳を傾け、約束や規則を守るコトを怠らないようにしましょう。

今夜は、見ると幸せになるといわれる【ストロベリームーン】
残念ながら、雨で見ることはできないかもしれませんが、そのエナジーは十分に降り注がれているはずです。
梅雨の夜空の晴れ間に、顔を出してくれるかも。

満月のアロマバスには、6月の香り「ペパーミント」を香らせて!
疲れたココロとカラダをリフレッシュして、気持ちを整えてくれるでしょう♪



それでは、阿部さんの満月占いです^-^

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


6月の満月の日。

梅雨の季節となりました。
雨の日が続くと憂鬱な気分になる方は意外に多いのではないでしょうか。
その気分、気圧の関係だけですか?
もしかしたら、あなたの前世が関係しているのかもしれません。

今回の満月は、旅にでてみましょう。
魂の時間旅行…。
旅に出て、視点をかえて前世から情報を得てみると、憂鬱な気分の原因が深いレベルでわかるかもしれません。

と、いう事で今回のオラクルカードは…

『PAST LIFE (パストライフ)』
imagea.jpg

このカードはドリーンバーチューと前世療法の世界的権威であるブライアン・L・ワイス博士の共著によって作り出された物です。

その中から選ばれたカードはこちら。
imageb.jpg

『 別れ旅立ち 』

解説書には、
ベドウィン族などの遊牧民族として生きた時、必要に迫られてあなたは別れや移動の習慣を身につけました。
絶え間なく移動したい…と思っている事に気づいているかもしれません…。
頻繁に旅をしたくなったり、旅をするような仕事ばかり求めたり、引っ越しを繰り返す傾向もあるでしょう。

と、生涯にまたがる古いパターンの事が書かれています。

想像してみましょう

ベドウィン族は砂漠で暮らしています。
夜空の星を友としているそうです。
日常生活が常に自然の脅威にさらされている遊牧民族は、自然現象に敏感ですよね。
天体の運行を読む事ができない日が何日も何日も続くって、どんな気持ちになるでしょう…。
憂鬱以上の気分になりそうですよね。
そんなところが関係している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

もしも、憂鬱な気分はこの過去世からの影響のようで、日常生活に支障をもたらしているのなら、手放しましょう。

ですが、今を生きる遊牧民族。所有する物が無い身軽さ…。
シェアする事は上手そうですよね。
このような部分は今世でも活かせそうですよね。

問題点は手放し、プラス面は活かしていきましょう。

静かに雨の降る日
たまには時間旅行もしてみてください。


素敵な満月の夜fをお過ごしください。


by ABE

共通テーマ:健康