So-net無料ブログ作成
検索選択
今日の暦 ブログトップ

夏土用入り☆ [今日の暦]

今日は夏の土用入り。
そして、関東地方では梅雨明けとなりました!
本格的な夏の到来です。

「土用」と聞くと、「土用の丑」や「ウナギ」を思い浮かべる方も多いかと思います。
現代では、夏の土用だけがクローズアップされますが、そもそも「土用」というのは、季節の変わり目にあたり、24節気による四季(立春、立夏、立秋、立冬)の終わりの18~19日間をいいます。
つまり、各季節ごとに1回あるのです。

2017年の夏土用は、本日19日から8月6日の立秋前までになります。
ちなみに、丑の日は、7月25日と8月6日です。

土用期間は季節の変わり目なので、農作業などの大仕事をすると体調が崩れやすいとされるため、先人達が「土用の禁忌」を設けています。
また、この期間は、破壊と腐敗を意味する「五黄土星」の気を受ける時期でもありますので、禁忌を犯すと凶作用を受けてしまうとされています。

★土用期間中の禁忌
・土をいじること
・造園やガーデニング工事
・(土を掘りかえすような)増改築
・引越
・地鎮祭
・新しく何かを始めること
・方位取り

★夏土用期間に気をつけたいこと
・南西方位への移動
・熱中症
・夏バテ


ただし、土用の期間は約18日間もあります。さすがに、18日間も何もしないわけにはいきませんので「土用の間日」が設けられています。
(2017年は7月20日・27日・28日、8月1日)
「土用の間日」には、土を動かす作業をしても問題ないとされていますが、緊急対応的な意味合いが強いので、必要最低限のことだけを行いようにしましょう。

また土用期間中は、厄が溜まりやすい時期でもありますから、部屋をきれいにしたり、心身を浄化 すると良い時期です。健康状態をチェックしたり、身の回りの点検を行うのも良いでしょう。

土用は怖い期間というイメージがありますが、ゆっくり休みながらリフレッシュすることで、次の季節を健やかに過ごすための、準備期間なのです。

健やかな夏をお過ごしください♪
53575381[1].jpg

共通テーマ:健康

春土用入り☆ [今日の暦]

今日は春の土用入り。

「土用」と聞くと、「土用の丑」や「ウナギ」を思い浮かべる方も多いかと思います。
現代では、夏の土用だけがクローズアップされますが、そもそも「土用」というのは、季節の変わり目にあたり、24節気による四季(立春、立夏、立秋、立冬)の終わりの18~19日間をいいます。
つまり、各季節ごとに1回あるのです。

2017年の春土用は、本日17日から5月4日の立夏前日までになります。

土用期間は季節の変わり目なので、農作業などの大仕事をすると体調が崩れやすいとされるため、先人達が「土用の禁忌」を設けています。
また、この期間は、破壊と腐敗を意味する「五黄土星」の気を受ける時期でもありますので、禁忌を犯すと凶作用を受けてしまうとされています。

★土用期間中の禁忌
・土をいじること
・造園やガーデニング工事
・(土を掘りかえすような)増改築
・引越
・地鎮祭
・新しく何かを始めること
・方位取り

★春土用期間に気をつけたいこと
・南東方位への移動
・五月病
・やる気の喪失


ただし、土用の期間は約18日間もあります。さすがに、18日間も何もしないわけにはいきませんので「土用の間日」が設けられています。
(2017年は4月24日・25日・28日)
「土用の間日」には、土を動かす作業をしても問題ないとされていますが、緊急対応的な意味合いが強いので、必要最低限のことだけを行いようにしましょう。

また土用期間中は、厄が溜まりやすい時期でもありますから、部屋をきれいにしたり、心身を浄化 すると良い時期です。健康状態をチェックしたり、身の回りの点検を行うのも良いでしょう。

土用は怖い期間というイメージがありますが、ゆっくり休みながらリフレッシュすることで、次の季節を健やかに過ごすための、準備期間なのです。


昼は暖かくなってきましたが、夜は冷える日も多く、不安定な気候に体も心もダメージを受けがちです。
体調を崩さないよう、健やかな初夏を迎えてくださいね。
65106834[1].jpg


共通テーマ:健康

冬土用入り☆ [今日の暦]

今日は冬の土用入り。

「土用」と聞くと、「土用の丑」や「ウナギ」を思い浮かべる方も多いかと思います。
現代では、夏の土用だけがクローズアップされますが、そもそも「土用」というのは、季節の変わり目にあたり、24節気による四季(立春、立夏、立秋、立冬)の終わりの18~19日間をいいます。
つまり、各季節ごとに1回あるのです。

2017年の冬土用は、本日17日から2月3日の節分までになります。

土用期間は季節の変わり目なので、農作業などの大仕事をすると体調が崩れやすいとされるため、先人達が「土用の禁忌」を設けています。
また、この期間は、破壊と腐敗を意味する「五黄土星」の気を受ける時期でもありますので、禁忌を犯すと凶作用を受けてしまうとされています。

★土用期間中の禁忌
・土をいじること
・造園やガーデニング工事
・(土を掘りかえすような)増改築
・引越
・地鎮祭
・新しく何かを始めること
・方位取り

★冬土用期間に気をつけたいこと
・東北方位への移動
・風邪やインフルエンザ
・冬季鬱


ただし、土用の期間は約18日間もあります。さすがに、18日間も何もしないわけにはいきませんので「土用の間日」が設けられています。
(2017年は1月18日・27日・28日・30日)
「土用の間日」には、土を動かす作業をしても問題ないとされていますが、緊急対応的な意味合いが強いので、必要最低限のことだけを行いようにしましょう。

また土用期間中は、厄が溜まりやすい時期でもありますから、部屋をきれいにしたり、心身を浄化 すると良い時期です。健康状態をチェックしたり、身の回りの点検を行うのも良いでしょう。

土用は怖い期間というイメージがありますが、ゆっくり休みながらリフレッシュすることで、次の季節を健やかに過ごすための、準備期間なのです。

厳しい寒さや冷たい雪の舞う季節に、身体の芯から凍えそうです。
どうぞ体調など崩さないようご自愛ください。

58718791[1].jpg

共通テーマ:健康

クリスマスと12夜 [今日の暦]

昨日は5年ぶりとなった日曜日のクリスマス。
家族や大切な方と素敵な時間をゆっくりと楽しまれたことでしょう[クリスマス]

そして、26日の今日、クリスマスツリーなどの飾りをしまってお正月の準備を始めた方も多いと思いますが、
実はまだクリスマス期間はまだ終わっていないのです。

クリスマスの25日から1月6日までを「12夜」といい、この期間はまだクリスマスとされています[ぴかぴか(新しい)]
55903880[1].jpg

キリストの生誕は12月25日ですが、その誕生をベツレヘムの星(その名残がツリー頂上に飾られていますね)のお告げにより知った東方の三賢者が、12夜をかけてイエスの元にたどり着き、黄金・乳香・没薬を捧げたとされ、キリストが公に現された日( 公現節)が、1月6日とされています。

ですので、欧米では、クリスマスツリーやリースもこの日まで飾られるのが慣わしで、12夜以前に片づけると良くないことがあるとされているそうです(宗派によっては2月2日の聖燭祭の焚上げまでそのままにしておくこともあるようです)。

また、魔除けの意味もあるクリスマスの飾りは、ハロウィンに始まったワイルドハント(北欧の主神オーディン率いる精霊と死者の狩猟団)による災厄を防ぐ役割もあるといわれます。
特に、公現節までの12夜は、その勢いが増すとされたため、ユールボード(クリスマス料理)を用意したり、ユールログ(クリスマスイブから暖炉で焚く大きな薪)を燃やしたり、薬草の薫香を続けることで、先祖への感謝を捧げ、魔除けにしていました。


とはいえ、ここは日本。
お正月にクリスマスツリーやリースを飾っておけないですよね・・・。

ただ、26日になったら慌ててクリスマスの片づけをしなくても大丈夫なのです。
ゆっくりと自分のペースでお正月の飾りに変えていければ良いのではないでしょうか?

そして、12夜の間は、内省と浄化に焦点をあてて過ごしてみましょう。
東方の三賢者が星の導きを信じてイエスを見つけたように、あなたが新しい年に向けて何をすべきなのかを見据えて、そのための心の準備や環境の整頓などを行う年末年始になると良いですね。


アロマストーリーでは明日までクリスマスの飾りを置いておきますが、そんな理由からですので、温かく見ていただけると幸いです[揺れるハート]

共通テーマ:健康

今日は冬至です☆ [今日の暦]

今日は2016年の冬至。
一年で最も夜が長い日となりますが、太陽が再び力強さを取り戻す日でもあり、とてもパワフルな「死と再生の日」。
34365436[1].jpg

特に、寒くて暗く長い北欧の冬を過ごす人々にとっては、冬至を「ユール」と呼び、大変重要な日とされ、太陽を呼び込むために盛大にお祝いします。

日本でも「ユズ」や「かぼちゃ」で邪気を払いますよね。

今日は、暗闇から抜け出したい、自分を変容させたい、ネガティブエネルギーを取り除きたい、空間を浄化したいなど、「浄化」に最適です。

今夜は、キャンドルナイトで大切な人とリラックスした時間を過ごしたり、ユズやローズマリー、ジュニパー、モミ、パインニードルなどの魔除けのアロマやハーブを使ったバスソルトを作成して、ゆっくりと汗が出るまでお風呂に入りましょう。


大地は凍え、寒さはますます厳しくなりますが、闇の季節は終わりを迎え、光の季節が始まりました[ぴかぴか(新しい)]

共通テーマ:健康

水星が山羊座で逆行開始します☆ [今日の暦]

知性とコミュニケーションの守護星「水星」が、本日12月19日から来月1月8日まで逆行します。

水星は、約4ヶ月ごとに逆行します。
といっても、実際の水星は軌道を逆行せず、地球から見た見かけ上の動きが逆行しているように見えるだけなのですが、伝達ミスや間違った判断、通信トラブルなどに気をつけなくてはいけない時期となります。

一方で、水星の逆行は「過去との再会」をもたらします。懐かしい人と再会したり、忘れていた大切なことを思い出すかもしれません。


今回の逆行は、山羊座で始まり、1月4日には射手座に移動します。

★注意したいこと
山羊座の期間中は、仕事のミスやトラブル、勉強がはかどらない(受験生の皆!頑張って)、約束の変更やキャンセルなどに注意しましょう。

射手座の期間中は、旅行やスポーツでのケガやトラブル、交友関係における行き違いなどに注意しましょう。

逆行期間中は、余裕を持った時間の使い方を考えながら、規則的な生活を心がけ、判断に迷うことは考え直すか止めておいた方がよいでしょう。

★思い出したいこと
過去に学んだ知識や習い事、昔の交友関係や何となく疎遠になってしまった縁などに焦点をあててみましょう。これからの自分に必要なメッセージが隠されているかもしれません。



あわただしい年末年始。
気忙しさを感じたら、澄んだ冬の夜空に輝く星たちを見上げてみませんか?
何万光年も遠くから伝わる癒しの光が、あなたを大きく包んでくれることでしょう。
52446667[1].jpg

共通テーマ:健康

今日は陽遁(ようとん)☆ [今日の暦]

今日は九星気学の考え方にある陽遁(ようとん)の日。

冬至から一番近い甲子の日を、陽遁(ようとん)とし、九星のめぐりが昇順となり、運気も変わるとされています。そして、陽遁からは、徐々に日照時間も長くなり、自然界にある万物が成長し、陽のエネルギーが強くなる時期となります。

季節は極寒の時期へと向かい、夜の闇が支配し、自然界は眠りについたように見えますが、凍える土の中では、確実に新しいサイクルが生まれ始めているのですね。

そして、再来週21日は冬至の日。
陽遁と合わせて陰陽のエネルギーが大きく切り替わる時です。

この変化は私たちにも少なからず影響を与えると考えられています。

新たな年へ向けて、ポジティブな決意をしてみましょう。
たとえ、少しの間しか決意がもたなかったとしても、潜在意識には信念として残るはずです。
後は、めぐる季節を感じながら、ゆっくりと前に歩いていきましょう。

ヒプノ写真.jpg

共通テーマ:健康
今日の暦 ブログトップ