So-net無料ブログ作成

蟹座新月の月読 [新月占い]

今日は、蟹座の日食新月。
力強い浄化の日です。

太陽は空の頂点に君臨し、光の季節となりました。暗い森の中まで太陽の光が射し込み、木々は緑の葉を光輝かせ、いっせいに夏の花が咲き誇る、一年で一番光輝く季節です。

季節は火を象徴するのに、水の宮である蟹座が支配する月となるのは矛盾するように思えますが、光の支配が弱くなるにつれ、私たちは外面ではなく内側に目をむけるようになります。これこそが、月を支配星に持つ蟹のエナジーです。

太陽よりも月と過ごす時間が長くなるにつれ、内面が照らされるようになる・・・・

IMG_1173.JPG


それでは2019年7月3日4時16分新月時のインド占星術チャートから、蟹座月(7月3日~7月31日)の過ごし方をお伝えします。
(インド占星術は実際の観測を基準にした「サイデリアル星座」を利用します。西洋占星術で利用するトロピカル星座とは約24度の違いがあるので、自分の星座がひとつ前ってこともあります。なので、インド占星術はリアル)


★2019年蟹座新月の月読み★

新月時、月は双子座1室16度付近(蟹座ではない)にあり、太陽、金星と同宮。
ラーフ・ケートゥ軸は双子座1室・射手座7室。
2室に減衰の火星在住。水星と同宮。
1室と2室の星座交換。
逆行中の土星は射手座7室在住。
逆行中の木星は蠍座6室在住。


「自分」に焦点をあてる時。
お金や仕事の問題、身近な人との付き合い方について良く考え、見直しをしなければなりません。
月が「アールドラー」(地球の月経ともいわれる。今日の新月が強い浄化のエナジーを持つ皆既日食となっているのも重要な意味があるのでしょう)の位置にあることから、自分の中にある古い習慣や考え方、凝り固まった感情を外に出す時期となるでしょう。それは苦しみや悲しみを伴う経験となって訪れるかもしれませんが、それを乗り越えた時に新しい豊かさが与えられるのです。

逆行中の木星、土星に加え8日からは水星の逆行も始まります。
あなたが口にする「言葉」には十分注意を払いましょう。言葉は霊力を持ち、その響きはあなたの「今」を創り出します。

今月のポイントは・・・
☆内省の時間を持つ
☆慣れ親しんだ場所で過ごす
☆言霊を意識する

浄化作用が起こり、ネガティブな気持ちになったら、象徴ハーブの「カモミール」でリラックスを。
ハーブティーやハーバルバス、精油を使って太陽神経叢(第3チャクラ)への塗布など、カモミールの持つ安らかな癒しの作用を受け取ってください。


★2019年蟹座月のオラクルカード占い★









素敵な蟹座月をお過ごしください[ぴかぴか(新しい)]

nice!(0) 
共通テーマ:占い