So-net無料ブログ作成

2019年2度目の水星逆行の始まり!言霊の力を信じてみよう☆ [今日のkoyomi]

知性とコミュニケーションの守護星「水星」が、本日7月8日から8月1日まで逆行します。

水星は、約4ヶ月ごとに逆行します。
といっても、実際の水星は軌道を逆行せず、地球から見た見かけ上の動きが逆行しているように見えるだけなのですが、伝達ミスや間違った判断、通信トラブルなどに気をつけなくてはいけない時期となります。

一方で、水星の逆行は「過去との再会」をもたらします。懐かしい人と再会したり、忘れていた大切なことを思い出すかもしれません。

IMG_1221.JPG


今回の逆行は、「獅子座」⇔「蟹座」の間で起こります。
ですが、サイデリアル星座では「蟹座」⇔「双子座」となります。

それでは2019年7月8日8時16分水星逆行時のインド占星術チャートから、2度目の逆行期間の過ごし方をお伝えします。
(インド占星術は実際の観測を基準にした「サイデリアル星座」を利用します。西洋占星術で利用するトロピカル星座とは約24度の違いがあるので、自分の星座がひとつ前ってこともあります。なので、インド占星術はリアル)


★2019年2度目の水星逆行の星読み★

逆行開始時、水星は蟹座12室のプシャーの位置にあり、減衰の火星と同宮。
12室は2室と星座交換。木星からのアスペクト。
2室に月が在住しウッタラパルグニーの位置。


自分が発する「言葉」を意識する時。
言葉は人気持ちを良くも悪くも変えることができます。ポジティブな言葉は相手を幸せにし、ネガティブな言葉は、相手を嫌な気持ちにさせます。
そして、そのエネルギーはやがて自分に返ってくることを覚えておいてください。

古代から日本に伝わる「言霊信仰」。
言葉には不思議な力が宿り、発した言葉どおりの結果を現す力があると信じられています。

この時期、「仕事」「人間関係」など上手くいかないことの方が多いでしょう。
怒りや不安をため込みやすくなるので、ついマイナスな言葉を使ったり、SNSにつぶやいてしてしまうかもしれません。
それでもどんなに落ち込んでも「大丈夫」「できる」とプラスの言葉を使うようにしてください。
必ず良い方向に向かいます!

また、「言った、言わない」の言葉の行き違いも起きそうです。
大切なことは書面に残すよう心がけてください。


もう一つお伝えしたいことは、「お金」に関するトラブルの暗示。
無駄な出費が多くならないように、しっかりと収支の管理をしてください。
「振り込め詐欺」、「お金の貸し借り」、「ネットでのお金のやり取り」等、特に見えない相手・まだよく知らない相手との金銭のやり取りにはいつも以上に注意を払ってください。


★2019年2度目の水星逆行期間をどう過ごすか?タロット占い★









私たちのアドバイスがお役に立てると幸いです[ぴかぴか(新しい)]
nice!(0) 
共通テーマ:占い