So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
季節の薬草 ブログトップ

バッチ博士の花療法(フラワーレメディ)のお話②~ミムラス [季節の薬草]

阿部です。

厳しい暑さが続き心も疲れてしまいますよね・・・。
フラワーレメディーがあなたの癒しになりますように。

1930年代にイギリスで誕生したバッチフラワーレメディは、医師であり、細菌学者、病理学者としても世界的に名が知られていたエドワードバッチが、「病気の原因は人体の内部にある感情の乱れによるもの」と考え、「何年も勉強を積まなければ使いこなせないような物では無く、誰でも手軽に使えるように」と作り出した、世界中で使われている自然療法の一つです。

現在の心の状態を見て、それにふさわしいレメディを飲む事で、感情のバランスが取り戻され、体に自然に備わっている治癒力は働きやすくなります。

科学的に十分解明されていないにも関わらず静かに浸透し、愛用される方は年々増えています。


バッチフラワーは38種類(レスキューレメディを含めた場合39種類)あります。

ここではエドワードバッチ博士が発見した順に見て行く事にしましょう。


(前回の『インパチエンス』のお話はコチラ→https://aromastory.blog.so-net.ne.jp/2018-04-27


今回は2回目

『ミムラス』
image1.jpeg

自身でセルフヒーリングできるように「お腹が空いたら庭からレタスを取ってきて食べよう。恐怖心から病気になったのでミムラスを飲もう」 これはバッチ博士の言葉です。
このくらいシンプルに使って欲しいと博士はフラワーレメディを完成させました。

その言葉の中に出てきたミムラス。

学名はMimulus Guttatus
学名のMimulusはギリシャ語のmimos(道化師)からきています。
英名はモンキーフラワー
開花時は6月~8月。

バッチ博士が前回のインパチエンスと一緒にウェールズの山の小川の側で出会った植物で、湿地や水辺を好みます。
絶えず水しぶきを浴びています、川の流れに伴い色々なものも流されてくることでしょう。
そんな事もお構い無くミムラスは生き続けます。

英名のモンキー(猿)フラワー。
猿は怖いものを見ると威嚇します。見ざる聞かざるとあるように、イヤだ怖いよ知らないよ…と言う様子を思い浮かべる方もいるかもしれません。

ミムラスのレメディは「説明ができる特定な恐れや不安」に対して使われるものです。


ミムラスのレメディを必要とする時の心の状態は・・・


★男性の場合★
公衆の面前で話す事、職を失う事の恐れ。

★女性の場合★
病気や事故、人からの評価に対する恐れ。

★子供の場合★
学校や年上の子供、試験に対しての恐れ。

★ペットの場合★
雷などの恐れ(今の時期にピッタリ!)


毎日暑すぎて、体調などの不安なども多いと思います。

ミムラスのレメディをとり、不安を癒して好奇心あふれる お茶目なお猿さんのように楽しく過ごしてみてくださいね♪♪
nice!(0) 
共通テーマ:占い

聖ヨハネの日とセントジョンズワート [季節の薬草]

明日6月24日は聖ヨハネの日。
ヨハネは、イエスに洗礼を授けた洗礼者であり、キリスト教でも特別な存在です。
ヨーロッパでは、6月24日をヨハネの誕生日祝日とし、各地でお祭りが開催されます。

そして、ヨハネのハーブといえば「セントジョンズワート」(ヨハネの草の意)。

現在では、抗うつ作用や精神不安症状、不眠などを緩和するハーブティーや外傷や痛みを和らげるオイルやチンキとして利用されています。

5枚の花弁を持つこの黄色い花は、その五芒星の形から、太陽の力と善なるパワーを持つとされていて、あらゆる病気と悪魔に打ち勝つ「魔除けのハーブ」として使われてきました。
2454599[1].jpg

よくみると、花に小さな斑点があり、指でつぶすと血のような赤い染みができます。
伝説によると、サロメの企みで首を切られてしまった聖ヨハネの飛び散った血であるといわれています。
また、「セントジョンズワート」の和名は「オトギリソウ(弟切草)」。
日本でも、鷹匠の兄が裏切った弟の首をはねたとの伝説があります。
抽出した精油もきれいな赤色です・・・。


ちょっぴり怖い伝説を持つセントジョンズワートですが、魔除けのハーブとしての地位は高く、病気や悪霊払い、落雷除けとして、家の戸口や窓に吊るされていたそうです。また、その薬効も優れており、外傷や炎症に使われてきた、まさに秘薬のハーブなのです。

そして、セントジョンズワートの力が最大になるのは、本日6月23日の聖ヨハネの日のイブから明日の聖ヨハネの日にかけてといわれています。
聖ヨハネの日は古い暦では夏至にあたり、この日を境に光が弱まり、闇が増していくことから、妖怪や魔女、悪魔などが現れると信じられていました。それで、セントジョンズワートを摘み、魔物を追い払うために火を焚き、人々は踊り歌いながら、健康と幸せを祈ったとされます。

他にも、聖ヨハネの日に使われる魔よけのハーブとしては、「フェンネル」「タイム」「カモミール」「ローズマリー」「マジョラム」などがあります。


もしくは明日、庭のセントジョンズワート他ハーブ達を摘んでお部屋に飾ってみましょう。
そして、まだセントジョンズワートがお家にいらっしゃらない方は、これを機会にお迎えして育ててみませんか?半日陰でもよく育ち、生育旺盛なので鉢植えのほうがオススメですよ。


聖なるパワーを取り入れて、これからの季節を健やかに過ごしてくださいね。




アロマストーリー 前橋 より感謝を込めて・・・
nice!(1) 
共通テーマ:健康

バッチ博士の花療法(フラワーレメディ)のお話①~インパチエンス [季節の薬草]

阿部です。

新しい季節、フラワーレメディーを取り入れてみませんか?

1930年代にイギリスで誕生したバッチフラワーレメディは、医師であり、細菌学者、病理学者としても世界的に名が知られていたエドワードバッチが、「病気の原因は人体の内部にある感情の乱れによるもの」と考え、「何年も勉強を積まなければ使いこなせないような物では無く、誰でも手軽に使えるように」と作り出した、世界中で使われている自然療法の一つです。

現在の心の状態を見て、それにふさわしいレメディを飲む事で、感情のバランスが取り戻され、体に自然に備わっている治癒力は働きやすくなります。

科学的に十分解明されていないにも関わらず静かに浸透し、愛用される方は年々増えています。


バッチフラワーは38種類(レスキューレメディを含めた場合39種類)あります。

ここではエドワードバッチ博士が発見した順に見て行く事にしましょう。


今回は1回目

『インパチエンス』
IMG_3187.JPG

1928年、バッチ博士はウェールズの山の小川のそばでまず2種の植物に出会います。インパチエンスはその一つです。

学名はInpatiens glandulifere
inpatiens はラテン語で 耐える事ができない(短気)を意味します。
開花時は7月~9月。
色々な花の色がありますが、バッチ博士は淡い藤色の花だけを使用しています。


インパチエンスのレメディを必要とする時の気分は・・・


★男性の場合★
自分と同じくらい早く行動しない上司や部下に対して我慢ができない。

★女性の場合★
家族のスケジュールがバラバラで、自分のスケジュール通りに事が運ばずイライラする。

★子供の場合★
学校では誰よりも急いで答えを言いたがり、物事も思い通りに素早く出来なかったり他の子に邪魔をされると苛立つ。

★ペットの場合★
毎日の日課が遅れると手に負えないような態度(状態)になる。

これらのように、苛立ちやすい気分の時に役立ちます。


春は生活や環境が変化する時期です。
イライラをどうにかしたい!思われる方も多いのではないでしょうか。

エッセンスを取る事で、ユックリなテンポに合わせようとするのではなく、人それぞれのペースを尊重する。と言う事が不思議ですが、できるようになります。

インパチエンスのレメディ 試してみて下さい♪♪
nice!(0) 
共通テーマ:占い
季節の薬草 ブログトップ