So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
今日の暦 ブログトップ

2018年2度目の水星逆行の始まり!コミュニケーションを考える時期 [今日の暦]

知性とコミュニケーションの守護星「水星」が、今日から来月19日まで逆行します。

水星は、約4ヶ月ごとに逆行します。
といっても、実際の水星は軌道を逆行せず、地球から見た見かけ上の動きが逆行しているように見えるだけなのですが、伝達ミスや間違った判断、通信トラブルなどに気をつけなくてはいけない時期となります。

一方で、水星の逆行は「過去との再会」をもたらします。懐かしい人と再会したり、忘れていた大切なことを思い出すかもしれません。

IMG_3715.JPG

今回の逆行は、「獅子座」で起こりますが、サイデリアル星座では「蟹座」で起こる逆行です。
チャートでは、水星がガンダーンタ(火の星座と水の星座の境界線付近)の位置で傷ついた状態で始まり、ラーフとコンジャクトしながら逆行していき、さらにアスペクトする火星逆行の影響があるので、自分の言動が原因となるコミュニケーションの問題が起きそうです。

気持ちを上手く伝えられない蟹座が、意思を主張する獅子座に憧れるように、「言いたいことはハッキリ言おう」と思うような出来事があるでしょう。
けれども、逆行時期は感情的になりがちなので、言葉を選んで伝えるようにしましょう。相手の気持ちを考え、お互いがポジティブな気持ちになるようなコミュニケーションができると良いですね。


★気をつけたいこと
 ・一時的な感情による判断
 ・家族や親しい人とのトラブル
 ・アドバイスを拒否する
 ・孤独を好む
 ・仕事や勉強でのつまづき


また、今回は「味方だと思っていた人の裏切り」に気付くかもしれません。あなたの愛や優しさを受け取れない人の元は、さっさと去りましょう!もっと良い縁が待っていますよ。

逆行期間中は、結果を焦らず、今までやってきたことをしっかり見直して、ゆったりと過ごすことを心がけましょう。明後日の皆既月食のパワーは「見直すための手放し」が起こりそうです。どんな結果だとしても受け止めて、前に歩みを進めましょう。
nice!(1) 
共通テーマ:占い

2018年夏土用入りと間日 [今日の暦]

今日は夏の土用入り。土用の丑の日でもあります。
今日はウナギやうどん、梅干しなど「う」のつく食べ物を食べ、丑湯(桃の葉などの薬草を入れたお風呂)に入り、疲労回復と健康を願いましょう!
53575381[1].jpg

さて、「土用」といえば、丑の日、うなぎ、土用波、土用干しなど夏のイメージがありますよね。
しかし「土用」というのは、季節の変わり目にあたり、24節気による四季の終わりの18~19日間をいいますので、各季節ごとに1回あるのです。
言い換えれば、次の季節を迎えるための気を育む期間とされます。

2018年の夏土用は、本日20日から8月6日の立秋前までになります。
ちなみに、丑の日は、本日20日と8月1日です。

土用期間は季節の変わり目なので、農作業などの大仕事をすると体調が崩れやすいとされるため、先人達が「土用の禁忌」を設けています。
また土用は、「土の気」で様々なことが不安定になるため、禁忌を犯すと凶作用を受けてしまうとされています(「土に還る」という言葉のように、「土の気」には物事の終わりと始まり、破壊と再生という性質があります)。


★土用期間に気を付けたいこと
・取り返しのつかない失敗
・大切な物(者)を失くす
・過去の過ちを繰り返す
・衝動的な言動(ケンカなど)
※今回は水星の逆行とも重なるので要注意。冷静な行動そして言葉は慎みましょう。


★土用期間中の禁忌
・土をいじること(ガーデニングや庭木の移動)
・地鎮祭や基礎工事の着工
・新しく何かを始めること
・方位取り
※土用期間は土公神が土の中にいるので、「土いじり」をすると、土公神が怒り災いが起こるとされています。


★夏土用期間に気をつけたいこと
・南西方位への移動
・熱中症
・夏バテ
※南西方位は土用殺といわれ、五黄殺と同じ災いをもたらす方位とされています。せめて土用期間は避けて旅行計画をたてましょう(自分の意志で企画していない移動は大丈夫とされていますが、方位除け参りをしたり、塩・水晶を持参したり、温泉には入らないなどできるだけ土の気を受けないようにしましょう)。


ただし、土用の期間は約18日間もあります。さすがに、18日間も何もしないわけにはいきませんので「土用の間日」が設けられています。

★2018年夏土用の間日
7月22日・23日・27日・8月3日・8月4日

「土用の間日」には、土を動かす作業をしても問題ないとされていますが、緊急対応的な意味合いが強いので、必要最低限のことだけを行いようにしましょう。

また土用期間中は、厄が溜まりやすい時期でもありますから、部屋をきれいにしたり、心身を浄化すると良い時期です。健康診断を受けたり、睡眠を十分にとったり、ゆっくり休みながらリフレッシュすることで、次の季節を健やかに過ごすための充電期間としましょう。


今年は例年より早い梅雨明けとなり、猛暑日が続いていますね。
熱中症など、体調にはくれぐれも気を付けてお過ごしくださいね!

by月香
nice!(1) 
共通テーマ:占い

木星が順行へ!信念を貫く時 [今日の暦]

2018年3月9日から天秤座(サイデリアル星座)で逆行していた木星が、本日順行に戻りました。
e742179751370be226c2e537f96698f8_s.jpg

インド占星術の中でも、木星は最も吉意が強く、精神的な成長や幸運をもたらす大吉惑星ですので、多少の凶作用を受けても良い象意が残るとされています。

今回の逆行は、天秤座で起こりました。
天秤座は木星にとってあまり居心地が良くない場所であり、敵対星座となります。
機能的凶星となる星座での逆行でしたので、精神的な苦痛を伴う出来事、自信喪失、意欲の低下などを感じ、思うように前に進むことができなかった方も多いことでしょう。(木星の加護として何かしらのサポートや協力はあったと思いますが・・・)

特に天秤座の象意である「パートナーシップ」に関する問題を経験しませんでしたか?
※特に木星と土星のダブルトランジットが天秤座と同じ風の元素を持つ水瓶座と双子座で起こっていたので、コミュニケーションのトラブルは多少なりとも避けられなかったと思います。

・信頼していた人に裏切られた
・突然縁が切れた
・望んだ相手と縁が上手くつながらなかった
・仕事や家族、友人との人間関係トラブル
・コミュニケーションに自信がなくなる出来事
・苦手な人との再会、彼(彼女)の活躍を偶然知ってしまう
など、、、

他にもラーシチャートにおいて、天秤座のハウスや木星在住のハウスに関する問題を経験したかもしれません。そして、5月の土星逆行、6月の火星逆行など、逆行が重なり八方塞がりのように感じたことでしょう。


いずれにしても、逆行期間にあなたの信念を揺るがせたかもしれない出来事は、順行に戻った時期にどれほどポジティブなものであったかを気付かせることなりそうです。

パートナーシップの問題は、相手の問題だけでなく、自分の隠れた問題も教えてくれることを知ってください。
他人との関わりの中で、あなたが努力すべきことやゆるぎない信念を知ること、そして誠実であることはとても大切です。
何のための縁?自分の利益のため?その人の人間性に惹かれたから?
縁についてもう一度考えてみてください。


木星は、約3ヵ月後の10月11日に友好星座の蠍座に入ります。
天秤座で控えめだった木星のパワーは、強い意志と情熱で再生の象意を持つ蠍座で力を発揮するでしょう。

そのためにも、「強烈な禊」で手放したものと学んだものをしっかりと受け止めて、決意を新たに信念を貫いて「良き縁」をつないでいきましょう。絶対に負けないで!!!



木星の大いなる加護がありますように。
by月香
nice!(0) 
共通テーマ:占い

2018年火星逆行の始まり!軌道修正の時期 [今日の暦]

パワーの惑星【火星(マーズ、マンガラ)】は約2年ごとに2ヵ月程逆行する惑星。

2018年は本日6月27日~8月27日まで、水瓶座(サイデリアルでは山羊座)で逆行します。
IMG_3589.JPG

火星は、赤く輝くその勇ましい姿から、強いパワーを象徴し、古くから男性エネルギー原型とされてきました。「生きる力、行動力、命を守る力、攻撃力、意思の強さや肉体的な強さ、闘争心、情熱」など、火星の象意はダイナミックでとてもパワフルです。


そんな火星が逆行すると、どんな影響があるのでしょうか?


気付いている方も多いことでしょう。
約2週間前の双子座の新月から
約1週間前の夏至の日から
すでに火星逆行の大きなパワーは、私たちに影響を与えているのです!

「抑えられない怒り」
「やる気が起きない」
「順調だと思っていた物事が破たんする」
「頑張っているのに成果が出ない」
「今までの自分を否定されるような出来事」
「喧嘩や関係の終焉」
「突然の災難」

世の中では「衝動的な事件」「体制を見直すことを求められる事故」そして、「地殻変動」が起こりました。


何か思い当たることがあったでしょうか?


今回は土星逆行期間中での火星逆行ということもあって、衝撃的な出来事をきっかけに「見直し」と「軌道修正」を強いられることがあるようです。

逆行時のインドチャートを見てみると、
火星は山羊座の7室にあってケートゥーと同宮。高揚かと思いきやムリチュバーギャの度数・・・
そして10室に火星と敵対木星のダブルアスペクト。

特に人間関係や仕事の面でトラブルや災難に巻き込まれそうです。
そして、事故やケガにも十分注意してください。
健康診断も必ず受けるように。


と、ここまでネガティブなことを伝えてきましたが、
「物事は見かけ通りではない」ということを知ってください。
そこに隠されている真意を、慎重に見極めることが必要な時期が来ただけなのです。
驚いたり、怒りを感じるような出来事があっても、火星逆行期間中の揺さぶりが来たな、と思うようにしましょう。

どうしてそう思うのか、どうしてそんなことが起きたのか、しっかりと問題に向き合って、計画の再考や目標の再確認、他者との付き合い方の見直しなどを考えるようにしてください。

答えはあせらずに。気持ちを楽に持って下さいね!


火星が山羊座在住の人、火星が在住する部屋は特に影響を受けやすいので、より注意深く過ごしてください。


火星逆行期間のポイントは☆

「軌道修正する(仕事や人間関係)」

「衝動的な言動を控える(冷静に)」

「計画を練り直し目標を持つ」

「古い慣習(物)を見直す」


あなたの毎日が、健やかで幸せな日々となりますように。



アロマストーリー 前橋 より 感謝を込めて・・・
by tukika
nice!(0) 
共通テーマ:占い

2018年土星逆行の始まり!見直しの時期 [今日の暦]

制約の惑星【土星(サターン)】は毎年約5ヵ月程逆行する惑星。

2018年は本日4月18日~9月6日まで、山羊座(サイデリアルでは射手座)で逆行します。
aba446c5a2d5e0fa930853622e4eaa3c_s.jpg


土星は、地球から見える一番遠くの惑星という位置にあるため、境界を守り構造を形成する存在とされ、ギリシア神話では「時を司る神クロノス」と呼ばれます。クロノスは、年老いた老人が片手に大鎌を持ちもう一方の手に砂時計を持つ姿で描かれ、死神と同一視されるため、土星は「冷淡、制限、困難、障害、悲しみ、苦悩、損失、死・・・」など、ネガティブなイメージをもたれることも多いですね。


そんな土星が逆行!と聞くと、社会全体の停滞や個人的なトラブルの増加などマイナスな影響を心配されるのではないでしょうか?


でも
大丈夫☆
必ずしもマイナスな影響を受ける時期ではないのです。

適度な節制・制限の持続は、安定や信頼につながることを思い出してください。

悪い習慣、例えば怠惰な生活習慣や食生活、ネガティブに考える心のクセ、物事をうわべだけしか見ていない、後先考えずに行動する・・などを見直し改めるときです。


ライザップの時期ですな。


毎日心と身体を鍛えて、5か月後には心身共に健やかな本来のあなたを見せてください。
つまずきや停滞、上手くいかないことがあっても、土星の逆行中だから、とポジティブに考えてください。
クロノスは、あなたを試しているだけなのですよ。


また、過去世のカルマが呼び起こされる時期でもあります。
占星術チャートでいうところの、ドラゴンヘッドとドラゴンテール(ラーフとケートゥー)軸がクローズアップされる
ので、向き合う覚悟とそれを乗り越える意思を強く持って行動してください。


土星を支配星に持つ山羊座の人、土星が在住する部屋は特に影響を受けやすいので、より注意深く過ごしてください。


土星逆行期間のポイントは☆

「内省の時間を持つ」

「時間を意識して過ごす」

「調子に乗らない」



あなたの毎日が、健やかで幸せな日々となりますように。
nice!(0) 
共通テーマ:占い

2018年春土用入りと間日 [今日の暦]

今日は春の土用入り。
暦の上では夏が近づいてきました!

(「土用」と聞くと、「土用の丑」や「ウナギ」を思い浮かべる方も多いかと思います。
現代では、夏の土用だけがクローズアップされますが、そもそも「土用」というのは、季節の変わり目にあたり、24節気による四季(立春、立夏、立秋、立冬)の終わりの18~19日間をいいます。
つまり、各季節ごとに1回あるのです)

2018年の春土用は、本日17日から5月4日の立夏前日までになります。

土用期間は季節の変わり目なので、農作業などの大仕事をすると体調が崩れやすいとされるため、先人達が「土用の禁忌」を設けています。
また、この期間は、破壊と腐敗を意味する「五黄土星」の気を受ける時期でもありますので、禁忌を犯すと凶作用を受けてしまうとされています。

★土用期間中の禁忌
・土をいじること
・造園やガーデニング工事
・(土を掘りかえすような)増改築
・引越
・地鎮祭
・新しく何かを始めること
・方位取り

★春土用期間に気をつけたいこと
・南東方位への移動
・五月病
・やる気の喪失


ただし、土用の期間は約18日間もあります。さすがに、18日間も何もしないわけにはいきませんので「土用の間日」が設けられています。
「土用の間日」には、土を動かす作業をしても問題ないとされていますが、緊急対応的な意味合いが強いので、必要最低限のことだけを行いようにしましょう。

★2018年土用の間日
4月19日(木)、4月20日(金)、4月23日(月)、5月1日(火)、5月2日(水)


また土用期間中は、厄が溜まりやすい時期でもありますから、部屋をきれいにしたり、心身を浄化 すると良い時期です。健康状態をチェックしたり、身の回りの点検を行うのも良いでしょう。


土用は怖い期間というイメージがありますが、ゆっくり休みながらリフレッシュすることで、次の季節を健やかに過ごすための、準備期間なのです。


昼は暖かくなってきましたが、夜は冷える日も多く、不安定な気候に体も心もダメージを受けがちです。
体調を崩さないよう、健やかな初夏を迎えてくださいね。
65106834[1].jpg
nice!(0) 
共通テーマ:占い
今日の暦 ブログトップ